青物釣りとは、交通事故みたきなもの

久々の釣り記事。

一緒に行く予定の先輩が体調不良で、急遽1人で出艇

先週釣りに行った先輩の話しでは、トップでの青物好調とのことで、ルアーを購入し、キャスティングのトップ青物に挑戦

トップで青物狙うのは普段しないので釣れる気がしなかったのですが、
先輩からの「とりあえず1時間は続けろとよ」「青物釣りは交通事故みたいなもんだけん」との指示を守らねば。

ショア寄りで1時間は投げようと思った5投目、

適当な方向へ投げたルアーにブルブルと当たりが

40cmのヤズ

トップって釣れるんだ!さすが、セールでも2000円のDaiwaのルアー!

と、思ってからは何にも釣れない。

1時間は投げたし、小さいけど1匹は釣れたのでそろそろマダイに切り替えて

とりあえず水深30m付近から陸風に流されながら、45m位まで探る計画で少し沖へ移動

魚探に沈み根みたいなのがあったのでベイト反応はないけどタイラバで狙うと当たりが


真鯛ではない。

首振らないし、ジワジワ上がってくるので、アカハタ?オオモンハタ?

それが、残り20mまで上げたところで一気に走り出し

青物か!

タックルはpe0,8にリーダー25lb

しかも、リーダーケチって前回使ったまま50cmくらいしかつけてない

とりあえずできる限り丁寧にファイト

上がってきたのは91cm6.2kgのヒラマサ

画像


トップで釣れなかったのに、タイラバで青物釣ってしまった

交通事故ってこういうことか!!

狙ってたのはマダイなのにな



続けてマダイを狙うがフグにタイラバむしられて戦意喪失

あとは、ショア寄りで、根魚狙って帰ろうと

岩場でジグを落とすと50cmのオオモンハタと40cmのアカハタがダブルヒット

そこそこ引いたのに、ヒラマサに比べるとイマイチ盛り上がらないな



結果3時間半で納竿

来月末なら、良い正月の魚になったのにな。

来月も行けるといいな。




画像


自分よりデカイ魚に生後6ヶ月の息子もビックリ?





防水のデジカメがお亡くなりになってしまい、写真が陸に上がってからしか撮れない

買い直すかな





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック